★純正キーとは

「純正キー」とは・・・ メーカーで作られた鍵です。そのため、合鍵と違い精度が正確です。メーカーで作られますので、そのメーカーのロゴ等が刻印されることがほとんどで、また、鍵番号も刻印されています。(※例外で鍵番号が刻印されてない鍵もあります)(取り付ける部分の鍵(シリンダー)を購入すると、基本的には鍵が3本ついてきます)

(純正キーをマスターキーと呼ばれる方がいますが、大きな間違いです!!)

★純正キーは金庫に保管。普段の生活は合鍵を使用する。
合鍵は複製品です。複製品から複製すると、その分だけ精度が落ちて行きます。純正キーから合鍵を作製することで、シリンダーと相性の良い合鍵を作製することができます。また、純正キーを普段使用していたがために磨耗が進んだ純正キーで合鍵を作製しても、精度の悪い合鍵になってしまいます。
純正キーは磨耗や劣化を防ぐため金庫にしまい、普段の生活では純正キーから複製した合鍵を使用することをお勧めします。
 
★純正キーに刻印されている「鍵番号」に注意!

純正キーには「鍵番号」が刻印されています。この鍵番号(約10桁程度の英数字)があれば、メーカーは新しい鍵を作成することが可能です。
しかし、ここに大きな注意が必要です。最近はインターネットを利用し、この鍵番号を入力することで誰でも純正キーや合鍵を取寄せることが可能になりました。外出先などで不用意に机の上に出しっぱなしにしていると、悪意ある第三者の方が携帯電話などで鍵番号の写真を撮り、複製後に持ち主の後を付けて空き巣に入るという事件の事例があります。特に独身女性の一人暮らしの方には、とても怖い話です。

・普段の生活では、鍵番号のない合鍵を使用しましょう!
・純正キーには、鍵カバーなどを購入して番号を隠すなどの工夫をしましょう!

また、玄関も宅急便や配達人など色々な人の目に付きます。玄関以外の人目につかない場所で管理しましょう!